マガジンのカバー画像

市内の施設

11
市内の施設について紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

市政資料館の100年の歴史に迫る!~名古屋控訴院100年祭企画展「たてもの百年ものがた…

名古屋市広報課の植木です。 1922年に建てられ、国の重要文化財に指定されている市政資料館は…

#なごやを歩こう/伏見エリア編 白川公園の美術作品を訪ねて~広報なごや8月号~

こんにちは。名古屋市広報課の小川です。 皆さん、白川公園にたくさんの美術作品があることを…

名古屋の洋楽の発祥は鶴舞公園から!?100年以上の歴史を紐解く

名古屋市広報課の丸澤です。 名前で話題になる「鶴舞」。 地名・駅名は「つるまい」、公園や…

猫を迎える選択肢に保護猫を加えてみませんか

名古屋市動物愛護センターです。 保護猫とは、様々な理由により動物愛護センターやボランティ…

名古屋城で買えるすてきなお土産をご紹介!お土産から考えるSDGs

名古屋市広報課の丸澤です。 コロナ禍ということもあり、なかなか旅行に出かけるということも…

構想7年!担当学芸員に聞いた、特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」を企画・開催す…

名古屋市広報課の丸澤です。 名古屋市博物館、これまでに2つ記事を書きましたが、博物館を知…

東区だけど市の真ん中?北区だけど一番北じゃない? 名古屋市の区の成り立ち、市政資料館で分かります。

名古屋市広報課の丸澤です。 名古屋市に関係ありそうなnoteの記事をチェックしていると、「東区なのに一番東にない、北区も西区も南区も。」というような内容の投稿を見ました。 名古屋市は令和3年10月時点で16区(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)ですが、1889(明治22)年10月1日の市制施行時は、市の面積、人口など現在とは大きく異なります。 名古屋市の歴史を知れば、区の配置・成り立ちも分かる

スキ
46

名古屋港水族館、名古屋市役所の運営ではないんです、、、でも名古屋が誇る施設なので…

名古屋市広報課の丸澤です。 以前に東山動植物園の記事を掲載しました。 名古屋市役所、私も…

名古屋市博物館、夏はゲーセンに?博物館ならではのゲーセンの伝え方

名古屋市広報課の丸澤です。 名古屋市博物館、第2弾です。これはシリーズ化する予感が、、、 …

博物館のこと、学芸員のこと、学芸課長に聞いてみました!

名古屋市広報課の丸澤です。 学生の頃は社会、特に歴史が得意で、博物館には興味があり、コロ…

東山動植物園、日本一、いや世界一がここにはある!?

名古屋市広報課の丸澤です。 本日は、飼育種類数「日本一」、名古屋市民の憩いの場所である東…