名古屋城金鯱(きんしゃち)展、3月20日から開始(~4月2日まで)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

名古屋城金鯱(きんしゃち)展、3月20日から開始(~4月2日まで)

名古屋市広報課の丸澤です。
名古屋と言えば、名古屋城を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
市内や近郊の方なら「小学校の時、遠足で行ったなー」といった人もいるんではないでしょうか。

名古屋城、本丸御殿を始め見ていただきたい所がたくさんあります。
名古屋城のことをあまり知らないという人でも、「金鯱(きんしゃち)」のことを知っている人はいるんではないでしょうか。名古屋城は別名「金鯱城」とも呼ばれています。

現在、名古屋城の金鯱が、天守閣からいなくなっています!
令和3年3月8日(月)にヘリコプターに吊るされて、地上に降りてきています。
金鯱がいない名古屋城、記念に撮影してきました。

画像1


詳しくはないですが、お城好きな人間の1人として、天守から鯱がいないのを寂しく思っています。金鯱が降りてきていることは初めて、、、ではない?実は何回か降りてきています。
今回は、「そもそも鯱って?」や意外と知られていない「雄や雌があるの?」といったあたりを書いてみたいと思います。

また、今回の記事を見られた方は、ぜひこちらのイベントにも!
「名古屋城金鯱展」令和3年3月20日(日)から4月2日(金)
が開催されますので、こちらへ是非お越しください。
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kin-shachi-2021.jp/
※名古屋城金鯱展の案内は広報なごや3月号の16面にも記載があります。

【鯱?】

マカラ

麒麟・キリン、鯱・シャチのように実際いる生物と想像上の生き物とがあるので、文字って難しいですね、、、今回は想像上の生き物「鯱」で。
鯱は水を呼ぶと言われることから、火除けのまじないとされてきました。
火除けの守り神である金鯱、ルーツを探ると遥かユーラシア大陸、仏教やヒンドゥー教の神話の世界に描かれたマカラ(makara)に辿りつくそうです。
マカラはワニに似た口と魚のような尾を持つ伝説の海獣です。金鯱はこのマカラであり、中国や日本の寺院の屋根に置かれる鴟尾(しび)もマカラが変化したものとことです。
奈良のお寺とかにも行くので、よく似ているなと思っていたんですが、ルーツは一緒だったんですね。
マカラも国・地域、時代によって形が変わっています。
写真はインド中部のバールフト仏塔のマカラですが、ネパール、ラオス、ベトナム、それぞれで違いがあるため、詳しく見たい人は名古屋城金鯱展のShachi Worldへ是非!

【天守に鯱?そして雄と雌?】

火除けの守り神であることは分かりましたが、そもそも最初は誰が???
天守に初めて飾ったのは織田信長なんだそうです。
名古屋城の築城は徳川家康なので、名古屋の城に鯱は必然性を感じます。

タイトル金鯱


金鯱がある名古屋城の写真を掲載しましたが、皆さん金鯱に雄・雌があるってご存知でしたか?
北側が雄で、南側が雌です。想像上の生物に雌雄があるとは!?
写真は奥に名古屋駅周辺が見えますので、南側の雌と思われます。
昔の名古屋城で働く職員は「北島三郎、南沙織」で覚えたというような噂も(笑)
高さや重量、うろこの枚数に違いがあります。
創建時の金鯱(雄と雌)には、慶長大判を引き延ばした金の板が約320キログラム(慶長大判の枚数で言うと1940枚)も使われたといわれています。
再建された現在の金鯱の金は約88キログロム。いやー金の重さだけでこの重量、すごいです。
そして、その凄さを名古屋城金鯱展では味わえます。近くで一緒に写真が撮れます!
金鯱が天守に戻っても、名古屋城正門近くに金鯱レプリカもあります。こちらも恰好いいですし、写真も撮れます!

画像4

【今回が初めてではない!】

金鯱、実は色んな所に出かけています。
明治5年(1872年)、雄の金鯱が東京の湯島聖堂博覧会に登場して、人気を博したそうです。そして明治6年(1873年)、雌の金鯱がなんと海を渡ってウィーンの万国博覧会へ行き、ここでも人気を博したそうです。火除けの守り神なのに、日本ブームの火付け役に!
令和3年3月8日(月)にヘリコプターで金鯱が降りてくる映像をニュースなどで見られた方もいるかもしれません。その時のしゃち、いや写真はこちらです!

画像5

直近ですと、16年前、平成17年(2005年)に開かれた愛知万博(愛・地球博)の際に地上に降りてきました。
その前の昭和59年(1984年)、名古屋城博にも降りてきていて、私の人生で3回目(年齢がバレる!?)です。
定期的に降りてくるわけではないので、令和3年3月20日(土)からの名古屋城金鯱展をぜひご覧ください。

【名古屋城金鯱展】


「名古屋城金鯱展」では、海と山に見立てた会場で巨大な金鯱を展示するほか、ユーラシア大陸を渡ってきた金鯱のルーツについて、独創的な絵図とともに紹介します。
ここまで書いてきた色々な話、名古屋城金鯱展に行けば資料が貰えるんですねー(笑)
再掲しますが、名古屋城金鯱展のURLはこちらから(https://www.kin-shachi-2021.jp/)。
「会場」は3つのコースに分かれています。
①スタンダードコース 海シャチ・山シャチが織りなす世界観を体験できます
②ショートコース お時間がない方へお勧め
③フォトコース(有料) 海に浮かぶ金鯱と記念撮影ができます
なお、③に関してはウェブサイトで参加方法をご確認ください。

「金鯱おみやげブース」では、名古屋の土人形師・野田末吉氏作の土鈴を復刻した限定1000個の「金鯱土鈴」、お城版の御朱印である「金の御城印」など、オリジナルのお土産が並びます。
「金鯱土鈴」、あたたかみがあり、かわいさもあり、鈴の音色が素敵でした。「記念にどうぞ」と言われるのを待っていましたが、案の定、そんな声はかかることもなく、、、金鯱土鈴に別れを告げてきました。

画像6

東日本大震災から10年、被災した岩手県の陸前高田市からも、観光PRや物販・飲食店ブースも出店されます。
名古屋市と絆協定を結んでいる陸前高田市、被災後に私も2回訪れましたが、またホタテが食べたいです、、、

【最後に】

コロナ禍においてアマビエも一躍有名となりましたが、私たちの暮らしのなかには鯱以外にも獅子や鬼、妖怪などさまざまな想像上の生き物がいます。

東日本大震災から10年、毎年のようにある豪雨災害、コロナ禍…。
自然はときに厳しく、災厄をもたらしますが、自然と文化をつなぐ聖なる存在であり、畏怖される存在でもある鯱は、私たちに改めて気づきを与えてくれる存在なのかも知れません。

金鯱のことをさらに知りたいということは、令和3年3月27日(金)14:00から90分程度、オンライン講座『金鯱学事始め』(有料:500円)というものもありますので、ご参考までに。
申し込みなどはこちらから
https://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/570
※定員に上限がございますので、予めご了承ください。

そして、名古屋城にはもっと、もっと紹介したいところが!
本丸御殿でも襖絵や欄間、天井、それぞれで1つの記事になりそうな深い話があります。
「市民も意外と知らない?」、そんな名古屋城の話を今後も発信していきます。


お礼に名古屋の素敵な写真をプレゼントします
名古屋市広報課が管理する名古屋市公式noteアカウントです。