名古屋市公式note

名古屋市広報課が管理する名古屋市公式noteアカウントです。

名古屋市公式note

名古屋市広報課が管理する名古屋市公式noteアカウントです。

マガジン

  • 文化のみち

    名古屋城から徳川園までの一帯にある文化のみちについて紹介します。

  • 市内の施設

    市内の施設について紹介します。

  • なごやのチカラ

    行政と共に名古屋を支える人、行政で働く人を紹介します。

  • 各区の取り組み

    名古屋市の各区の取り組みを紹介します。

  • 大学生

    大学生の取り組みについて紹介します。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

名古屋市広報課、何でnoteなの?

名古屋市公式note、始めます! 「発信しきれなかった情報を届けたい、伝えたい。」 こういった想いで、noteを始めていきます。 今回書いているのは広報課広報係の職員、いわゆる中の人です。 名古屋市は人口230万人以上(世帯数は110万世帯以上)と、政令指定都市では横浜市、大阪市に次いで3番目の規模をほこります。 そんな名古屋市の写真ですが、皆さん、この写真2つどこか分かりますか? ※こちらの写真は、名古屋市広報課のフォト蔵で公開しています。 1つ目は名古屋駅です。

    • #なごやを歩こう/文化のみち編~広報なごや2月号~

      名古屋市広報課の齋藤です。 皆様、名古屋市が誇る「文化のみち」はご存知でしょうか?名古屋城から徳川園にかけての一帯は、江戸時代から明治、大正へと続くなごやの近代化の歩みを伝える貴重な歴史遺産が多く残されており、「文化のみち」と呼ばれています。 今回はその中でも、文化のみちの拠点施設である「文化のみち二葉館(ふたばかん)」と、「文化のみち橦木館(しゅもくかん)」の魅力について紹介します! 文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸) 日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴(かわかみ

      • ウクライナから来た避難民 ターニャさんの場合

        観光文化交流局国際交流課の石川です。2022年2月、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まり、多くの人々が日常生活を奪われ避難を余儀なくされました。 名古屋市では、ウクライナから避難されてきた方々に対し、皆様の募金や寄附金を主な財源に様々な支援を行ってきました。 避難民の一人として来日し、現在は国際交流課で私たちと一緒にウクライナ避難民支援の業務に携わっているサムソノバ・テチアナさん(通称:ターニャ)に今の思いを伺います。 注:インタビューは英語で実施しました。 (―

        • 笑顔があふれるまちに~みんなが共に、生き生き暮らせる社会へ~広報なごや2月号

          皆さんは普段の生活の中で、障害のある方と接する機会はどのくらいありますか?  これまでほとんど接する機会がなかったり、職場で障害のある方が働いていたり、家族や親せきに障害のある方がいたりなど、さまざまかと思います。 身近に障害のある方がいない方は、当事者の皆さんがどのようなことに不便を感じ、どのような思いを抱え暮らしているか想像しづらいかもしれません。   今回は、障害のある当事者の方、また障害のある方を支えるご家族にお話をお聞きしたので、紹介したいと思います。 障害のある

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 文化のみち
          名古屋市公式note
        • 市内の施設
          名古屋市公式note
        • なごやのチカラ
          名古屋市公式note
        • 各区の取り組み
          名古屋市公式note
        • 大学生
          名古屋市公式note
        • 職員紹介
          名古屋市公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          未来をカタチに みんなと創る「特別市」―名古屋市は「特別市」制度の創設をめざします

          名古屋市総務局企画部大都市・広域行政推進室です。 今回は、本市と指定都市市長会で実現を目指している新たな大都市制度「特別市」についてご紹介します。  「制度」と聞くとどうしても堅苦しくて、とっつきにくい、難しいと思う方もいらっしゃるかと思います。 しかし、市民の皆様にとって本市がより暮らしやすくなる可能性を秘めたものですので、この機会に是非、「名古屋市」のあり方について一緒に考えて、一緒に実現を目指してみませんか。 「特別市」ってなに? 「特別市」についてお話しする前に、

          名古屋市科学館 「高校生のための科学の日」

          【高校生にも科学館へ来てもらいたい】名古屋市科学館には、年間多くの方が来てくださいます。 「子どもの頃、校外学習でプラネタリウムを見に行ったよ。」「何年か前に行ったけど、全部は見られなかったかな。」名古屋市民なら、そんな方も多いのではないでしょうか。 高校生の来館の割合は多くありませんが、実際に高校生が来館されると「小さいときには気が付かなかった楽しみ方ができた。」という感想をいただくことも多く、科学館としては、高校生にも来ていただきたい思いで一杯です。 そこで、令和5年1月

          食べて 巡って 熱田満喫!!

          名古屋市広報課の小川です。今回訪れたのは、名古屋市熱田区。 広報なごやでレポーターを務めていただいた森さんと共に熱田区を一巡りしてまいりました。   熱田と言えば熱田神宮!ただ、栄や名古屋などの繁華街でもなく、大須のような賑やかさもなく、熱田区にはいったいなにがあるのだろう?!そんなことを思っていた無知な自分に大声で言いたいです。 熱田区には魅力がいっぱい!!!!   【東海道・グルメ編】東海道の道標 旅の始まりは、東海道の道標。地下鉄「伝馬町」駅4番出口から出

          今知りたい!名古屋と徳川家康の関係!

          名古屋市広報課の植木です。1月から徳川家康を主人公とした大河ドラマが放送されるにあたり、名古屋と徳川家康の関係が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、名古屋のシンボルとも言える名古屋城を中心に、徳川家康がどのようにして名古屋を造ったのかご紹介します。 あまり歴史に詳しくない方でも読みやすい内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです! 徳川家康の命で造られた名古屋城 名古屋城とは、関ヶ原の戦いの後、徳川家康によって現在の名古屋市に築城

          なごやのチカラ/キャリアナビゲーターのお仕事をクローズアップ~広報なごや12月号~

          広報課の小室です。12月号の広報なごやシリーズ「なごやのチカラ」にご協力いただいたのは、有松中学校で勤務する渡邊 江李賀(わたなべ えりか)さん。生徒さんを支援する上でのやりがい、仕事にかける想いについて聞きました。 (以下―は小室が発言、回答は渡邊さん) ―キャリアナビゲーターとはどのようなお仕事なのでしょうか キャリアナビゲーターは、「児童生徒が、自分・他者のよさに気づき、自分らしく生きていくための力を身に付ける」ための支援をしているお仕事です。現在は、一部の市立中

          職員のこだわりが光る徳川園

          こんにちは。広報課の鈴木です。 2022年10月下旬、東区にある徳川園を訪れました。徳川園には何度か来たことがあるのですが、四季折々の美しい景色に心が落ち着き、いつもゆったりとした時間を過ごすことができます。 徳川御三家筆頭である尾張藩二代藩主光友が、1695年に隠居所である大曽根屋敷に移り住んだことを起源としており、そういった歴史を感じながら歩くのも風情があって良いですね。 今回は徳川園事務所 課長の堀田さんに、徳川園にかける想いなどを伺いながら、園内をぐるっと一緒に歩か

          見て楽しい、買っておいしい柳橋中央市場 #なごやを歩こう~広報なごや12月号~

          名古屋市広報課の鈴木です。 名古屋駅の東側、都心の一等地にある全国的に見ても珍しい柳橋中央市場。その歴史は明治後期から始まり、今では「東海の台所」と呼ばれるまでに成長し、多彩な需要に応え続けています。 そんな柳橋中央市場を、2022年10月下旬の朝7:00から、ワクワクしながらカメラを持って歩いてきました。「市場」と聞くとちょっと入りにくい感じがするかもしれませんが、この記事を読んで、柳橋中央市場に魅力と親しみを感じてもらえるとうれしいです!是非お読みください。 それで

          着陸しないフライトはない。乗り越えた先には充実が待っている~なでしこ ロールモデル対談 Vol.1~

          こんにちは。名古屋市役所副市長の杉野みどりです。 第一線で活躍する女性幹部の方から、これまでのご経験や、キャリアについての考え方などをお聞かせいただき、その内容を発信していきたいと思います。 これから管理職以上を目指していく女性社員の方に、「キャリアを考えるきっかけ」や「キャリアアップのモチベーションをあげる機会」となれば幸いです。   第1回は、「中部の魅力を語る なでしこの会」(中部経済連合会加盟企業の女性幹部で構成)でご一緒させていただいている、全日本空輸株式会社(AN

          みんなで虐待のない社会にしよう!11月は児童虐待防止推進月間です。

           中川区民生子ども課民生子ども係の石黒です。厚生労働省によると児童虐待による死亡事例は年間70件を超えています。単純計算をすると、約5日に1人が命を落としていることになります。このような現状の中、「児童虐待をなくしたい!」ということで、11月は全国的に児童虐待防止推進月間を実施しています(名古屋市では独自取組として5月にも児童虐待防止推進月間を行っています)。  今回は、11月に中川区で行う児童虐待防止推進月間の啓発活動(オレンジリボンキャンペーン)の内容を中心にご紹介します

          #なごやを歩こう/志段味エリア編 埴輪を探そう~広報なごや11月号~

          こんにちは。名古屋市広報課の小室です。 広報なごや11月号で取り上げた#なごやを歩こう 志段味エリア編は読んでいただけましたでしょうか? この記事では志段味エリアにを実際に歩いて巡った様子を紹介しています。ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 志段味エリアを知ろう志段味エリアは、名古屋市の形を地図で見たときに北東に伸びた角のような部分、守山区の北部にあります。 市内で最も高い山、「東谷山」をはじめとした起伏のある地形が特徴で、豊かな自然が魅力の地域です。 紙面でも紹

          文化のみち 旧豊田佐助邸を訪ねて~名古屋近代化の歴史を見る~

          名古屋市広報課の小川です。 今回は、名古屋市広報テレビ番組おもてなし隊なごやの撮影で、「文化のみち」エリアにある旧豊田佐助邸に行ってまいりました。広報課に来て4年目で、文化のみちの施設はいくつかお邪魔しているのですが、旧豊田佐助邸は初めてなんです!! 和洋折衷のレトロな外観を見るだけで、ワクワクが止まらない… 豊田佐助さんってどんな人?何をした人? 発明王と呼ばれていた豊田佐吉さんの名前や、その子どもでトヨタ自動車創業者の豊田喜一郎さんの名前はよく聞いたことがあるかと思いま

          #なごやを歩こう/堀川・中川運河エリア編~広報なごや10月号~

          名古屋市広報課の植木です。 広報なごや10月号で取り上げた#なごやを歩こう 堀川・中川運河エリア編は読んでいただけましたでしょうか?紙面に掲載しきれなかったスポットや情報などがまだまだありますので、noteでご紹介します!是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです。 【堀川】 堀川は、庄内川から分かれ、名古屋城の西側・市の中心部である納屋橋地区・熱田 宮の宿を通り、名古屋港へ注ぐ延長約16.2kmの一級河川です。 堀川の起源はさかのぼること412年。1610年の名古屋城