見出し画像

猫を迎える選択肢に保護猫を加えてみませんか

名古屋市公式note

名古屋市動物愛護センターです。

保護猫とは、様々な理由により動物愛護センターやボランティアの方々に保護収容された猫のことで、ずっと一緒に暮らせる家族を待っています。

今回は、今世紀最強の猫の日(2022年2月22日は猫=ニャンにちなんだ2が6個並びます!)に合わせて、名古屋市動物愛護センターの保護猫たちを紹介したいと思います。

まずはその前に、名古屋市動物愛護センターの現状紹介に少しだけお付き合いください=^_^=

当センターには年間1,000頭を超える猫が収容されており、仔猫はミルクを与えて育て、成猫は体調を整え人に馴れるように工夫しながら譲渡を推進しています。

最近では、大ケガをして収容された猫でも、人懐こく、自分で排泄がコントロール出来る場合は、外部の獣医師の協力を得ながら治療を進めて譲渡できる事例が増えました。昨年度からは、FIV(猫免疫不全ウイルス)キャリアの猫の譲渡も進めています。

※FIVは 猫に感染するウイルスで、屋外で生活する健康な猫の約10~30%がFIVを持っています。FIVは「猫エイズ」とも言われますが、症状が出るまでの期間が数年間と長く、進行はとても穏やかです。無症状のまま天寿を全うする猫もたくさんいます。発症すると免疫が低下し、様々な症状が現れるため、室内飼いを徹底し、出来るだけストレスをかけずにお世話することが大切です。猫特有のウイルスなので、人に感染する病気ではありません。

当センターの譲渡推進には譲渡ボランティアの皆さまのお力が欠かせません。
譲渡ボランティアとは、当センターの主旨に賛同し、収容された犬猫を一時保護し、適切な飼主を探して譲渡を行っていただく方々です。現在、39の猫の譲渡ボランティア登録があり、令和2年度の譲渡は、79%が譲渡ボランティア経由となっており、とても感謝しています。

ぜひ保護猫を、ご家族に迎える選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。

一方で、当センターで長期にわたり「お家においで」のお声がかからない成猫たちがいます。成猫は、仔猫と比べて落ち着きがあり、性格が把握できていることに加え、おとなならではの魅力があります。今回は、そんな猫たち6頭の紹介をしたいと思います。当センターの公式facebook、Instagramで紹介している猫もいますので、ぜひご覧ください。

ご紹介する猫は、避妊去勢手術、3種混合ワクチン接種、FIV/FeLV検査陰性確認、ノミダニ駆除、検便陰性確認、消化管内寄生虫駆除、マイクロチップ装着済みです。

気になった猫さんがいましたら、当センターまでご連絡くださると大変嬉しいです。猫の譲渡には様々な条件がありますので、ご検討頂ける方は名古屋市公式ウェブサイトをご確認ください。
遠方の方でも、お見合い日・トライアル開始日・正式譲渡手続き日の計3回、当センターに足を運んで頂くことをご了承頂ける方でしたら、ご縁をつなぎたいと思います。

■名古屋市公式ウェブサイト 猫の飼主募集について
https://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000010005.html

 ■公式facebook
https://m.facebook.com/nagoya.doubutuaigocenter/?locale2=ja_JP

 ■公式Instagram
https://www.instagram.com/n.doubutsuaigocenter/?hl=ja

 

保護猫6頭の紹介です 

 

1 モーガン

センター収容時期:2020年10月
特徴:雑種、キジトラ、去勢オス、2011年生まれ(推定)、体重4.5㎏
猫紹介:
スリスリゴロゴロ触って~!構って~!と押しが強めな男の子。人が大好きでとても懐きが良いです。重度のアレルギー体質のため、エリザベスカラーで皮膚を保護しています。食事に制限があり療法食で皮膚病のコントロールをしています。今後も継続した治療が必要です。
人懐こい猫をご希望で、治療費をご負担いただける方を募集します。
(facebook紹介日:2021.5.8、Instagram紹介日:2021.3.31)

 

2 しーくん

センター収容時期:2021年3月
特徴:雑種、キジ白、去勢オス、2015年生まれ(推定)、体重5.1㎏
猫紹介:
陽気な性格で、いつも大きな声で挨拶に来てくれます。神経質な面があり、自分で陰部をなめて出血させてしまうため、エリザベスカラーとオムツを装着しながら療法食にて様子を見ています。食欲旺盛なので、治療の助けとなることを目的に教えてみたところ、いろんな芸(フセ、オテ、マテ、クレートに入るなど)を覚えました。芸を通したコミュニケーションが取れる賢い子です。
おしゃべり好きな猫がお好きな方で、猫のために時間をかけてくださる方を募集します。
(facebook紹介日:2021.5.21)

 

3 トム

センター収容時期:2021年5月
特徴:雑種、キジトラ、去勢オス、2019年8月生まれ(推定)、体重4.4㎏
猫紹介:
どっしり構えている割には臆病な一面もあり、仲良くなるのに時間が必要です。特に男の人が苦手なようですが、馴れてしまえば横でごろんと転がり、控えめに甘えてくれます。年少の猫とも上手に遊び、はじめましての猫とも仲良くでき、お世話好きなみんなのお兄さん的存在です。
猫との適度な距離感をご希望で、ゆっくり気長に馴らしてくれる方を募集します。先住猫さんがいるご家庭にも馴染むことができると思います。
(facebook紹介日:2021.7.25、Instagram紹介日:2021.7.3)

 

4 でこいち

センター収容時期:2021年6月
特徴:雑種、白黒、避妊メス、2021年5月生まれ(推定)、体重2.8㎏
猫紹介:
おでこに1の模様があることから「でこいち」と命名されました。小さい時からセンターにいるので、人が大好きで、触って触って~と、ゴロゴロ言いながら近寄ってくる甘えん坊さんです。収容時から多飲多尿があり、尿崩症の疑いで現在投薬治療して経過をみています。
人懐こい猫をご希望で、猫のために時間をかけてくださる方を募集します。
(Instagram紹介日:2021.12.26回転寿司のおもちゃで遊ぶ様子)


5 マリア

センター収容時期:2021年9月
特徴:雑種、キジトラ、避妊メス、2016年生まれ(推定)、体重3.3㎏
猫紹介:
アビシニアン風の素敵な毛色で、触り心地抜群です。甘え上手で人懐こい性格ですが、他の猫は苦手です。チャームポイントは、「ちょこっと見え隠れする舌」です。前歯が殆ど抜けているためで、口の奥に口内炎がありますが、普通食を食べており、経過観察中です。身体能力が高く、忍者のように身軽で高いところがお気に入りの猫さんです。なんと、窓ガラスの錠の開錠もお手のもの。トライアル中のお宅から脱走した経歴があります。
猫ならではの身軽な動きを観察したい方、逃走防止対策を厳重に行って頂ける「完全室内飼い」意識の高い方を募集します。
(facebook紹介日:2021.10.21、Instagram紹介日:2021.10.8)

 

6 サウル

ネイルキャップ装着の様子

センター収容時期:2021年9月
特徴:雑種、灰白、去勢オス、2020年生まれ(推定)、体重3.7㎏
猫紹介:
収容時からケージにある隠れ家に引きこもり、なかなか懐かなかったシャイボーイです。現在、ネイルキャップを装着して人馴らし中です。徐々に人を怖がらなくなり、馴れた人の手にはタッチしたり、自ら近づいてくる様子が見られるようになってきました。
猫の気持ちに寄り添い、気長に馴らしてくださる方を募集します。
(facebook・Instagram紹介無し)

 

最後に

これから猫を迎える方にはよく考えてほしいことがあります。猫の寿命は15~20年ほどです。その時まであなたの家族は飼い続けることができるかなど、想像力を働かせ、よく考えたうえで、大切な家族の一員として迎えてください。 

最期まで飼えることはとても尊いことです。猫を迎えたならば、猫との暮らしを楽しみながら、最期まで一緒に暮らすことを目指して欲しいです。

また、猫を迎えることは出来なくとも、保護猫の存在を広めて頂くことは私たちにとって大変有難く、力になります。ぜひ、保護猫の存在を知って頂きたいと思います。

猫を迎える選択肢の一つとして、保護猫が一般的になりますように。
全ての猫が安心して平和に暮らせますように。

 

名古屋市動物愛護センター

電話 052-762-1515
E-mail a7620380-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp


 

 

この記事が参加している募集

猫のいるしあわせ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!