名古屋市公式note
#なごやを歩こう/港区エリア編~広報なごや6月号~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#なごやを歩こう/港区エリア編~広報なごや6月号~

名古屋市公式note

名古屋市広報課の植木です。

広報なごや6月号に掲載した「#なごやを歩こう 港区エリア編」はお読みいただけましたでしょうか?紙面の制約上、紹介しきれなかった耳よりな情報・現地の写真がまだまだあります。実際に歩いてきましたので、ご覧ください。

荒子川公園

荒子川公園は南北1キロメートル、面積は26ha(ヘクタール)もの大きな公園で、荒子川を挟むような形で公園が形成されています。園内には、日本庭園・ラベンダー園などの見所やガーデンプラザ(喫茶コーナーあり)があります。

また、園内を歩いていると、ウォーキングや犬の散歩を楽しんでいる方もいました。生い茂る草花・樹木の中を散歩するのはとても気持ちが良かったです。自然豊かな荒子川公園でリフレッシュしてみるのも良いですね。

園内には、「荒子川公園健康ウォーク」というウォーキングコースがあり、「近くの見どころ」を掲載した看板が幾つか立てられています。下の写真は、ヒマラヤスギのことが載っていますが、私もこれを見るまで「シダーローズ」と呼ばれていることを知りませんでした。健康ウォークを1周歩いた後には、「自然」について物知りになっているかもしれませんね。

健康ウォーク看板
ヒマラヤスギの実(シダーローズ)

また、荒子川公園で大注目なのは、6月に見頃を迎える「ラベンダー」です。荒子川公園のラベンダー園は県内でも有数の規模を誇るもので、見頃の時期にはラベンダーのほのかな香りに癒されます。

撮影時にはまだ見頃を迎えておらず、綺麗なラベンダーの写真を撮ることができませんでした。皆さん是非、荒子川公園へ足を運んでいただき、ラベンダーの写真を「#なごやを歩こう」のハッシュタグをつけて投稿してみてください。(私の代わりにも…)

ちなみに、見頃を迎えたラベンダーは以下のような感じです。(過去の写真)

一面が紫色で大変美しいですね。皆様も是非足を運んでいただき、ラベンダーのほのかな香りに癒されてみてはいかがでしょうか。また、荒子川公園ガーデンプラザ内の喫茶コーナーでは、期間限定でラベンダーアイス(250円)も売られるそうです。アイスを食べながらまったり過ごすのも良いですね!

【プチ情報】ラベンダー色をしたベンチを発見しました!園内のどこかにあるので、探してみてください!


海岸プロムナード

海岸プロムナードは、名古屋港水族館の西側・南側に延びる散歩道です。「名古屋港を眺めながら」・「海風にあたりながら」のんびり散歩を楽しむことができます。この日は小さなお子さまを連れたご家族・お友達同士・カップル・ご高齢の方など、様々な年代の方が訪れていました。

海と芝生の間に広がる海岸プロムナード。ちょっとしたピクニック気分で足を運んでみるのもオススメです。

また、道沿いには、ベンチやお手洗いが所々設置されており、体力に自信の無い方でも休憩しながら散歩をすることができます!


夕暮れ時の海岸プロムナードです。この写真を撮影した時は、まだ少し日が高いですが、さらに暮れていけば、綺麗な夕焼けを見ることもできるかも!?

【プチ情報】ここ海岸プロムナードでは、過去にはスナメリが見えたこともあるそうです!もしかしたら会えるかも!


名古屋港跳上橋


名古屋港に唯一現存する鉄道の可動橋です。昭和2年(1927年)に輸入した綿花を名古屋港から輸送するため、1・2号地間の運河に架けられました。路線が使われていた当時は、運河に船舶が航行する度に橋が跳ね上げられていました。昭和61年(1986年)に、国内での輸送手段の変遷などの理由により廃線となり、今の跳ね上げられた形で保存がされています。そして、平成11年(1999年)2月には国の「登録有形文化財」に登録され、平成21年(2009年)2月には、「近代産業遺産」に認定されました。

名古屋港の産業を支えた貴重な遺産です!歴史を体験しましょう!
※見学の際は、稲荷橋からご覧ください。

【プチ情報】名古屋港跳上橋、橋げたを78度の角度で保存をしているようです!どうして78度なのか、気になりますね…。


南陽・田んぼアート

こちらは令和元年度の田んぼアートです。

田んぼアートとは、葉の色の異なる古代米などを使って、広大な田んぼに絵を描く取り組みです。市民と農家の方が一緒になって田植えや稲刈りなどを行い、農業への理解を深め、農地の保全につなげることを目的として始められました。

田植えをしている様子

今年度のデザインは、藤前干潟が今年でラムサール条約登録20周年を迎えることから干潟の生き物を描きます。

田んぼアートは、6月下旬から7月上旬にかけて見頃を迎えます。
また、会場には観察デッキがあり、田んぼアート全体を眺めることができます。広大な田んぼに描かれる絵は圧巻です!


令和4年度田んぼアートのデザイン

おわり

最後までご覧いただきありがとうございました。
港区エリアからは、以上4カ所を紹介させていただきました。港区といえば、やはり「港」から連想して「名古屋港」を思い浮かべる方が多くいるかと思います。名古屋港水族館や海ももちろん見所の1つですが、それ以外に公園などの自然も多く、また歴史的な遺産もあり、多様な楽しみ方ができます!

私も実際に現地へ足を運んでみて、港区をかなり満喫することができました。ただ、1日では十分に回り切れなかったので、また時間がある際に「広報なごや6月号」を片手に、「#なごやを歩こう 港区エリア編」を読みながら、散歩をしてみようかと思います。

写真や文字では、なかなかその良さが伝わり切らないところもあるかと思います。新型コロナウイルス感染症対策をしっかり行い、街に出かけ、名古屋の魅力を再発見してみましょう!また、これからの季節は水分補給もお忘れなく。

今回紹介をしたスポット以外にも、まだまだ素敵な所がたくさんあります!皆様が見つけたオススメの場所を「#なごやを歩こう」をつけてSNSにご投稿ください!素敵なお写真の投稿お待ちしております。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
お礼に名古屋の素敵な写真をプレゼントします
名古屋市公式note
名古屋市広報課が管理する名古屋市公式noteアカウントです。